通所介護

(デイサービス)

通所介護とは~日帰りで様々なサポートを受けられるサービス~

対象者

  • 要介護1以上の認定を受けた方

 

サービスの内容

  • 食事、入浴、排せつの介護
  • 健康管理
  • 日常生活動作訓練
  • レクリエーション ほか

老人デイサービスセンターなどにおいて日帰りで介護や生活機能訓練などを行うサービス。

日中、老人デイサービスセンターなどに通ってもらい、食事、入浴、その他の必要な日常生活上の支援や生活機能訓練などを日帰りで提供するサービスで、利用者の心身機能の維持向上と利用者の家族負担の軽減を図ります。

通所介護事業所の指定基準

※事業者要件として法人格が必要です。

人員基準

生活相談員:提供日ごとに提供時間帯を通じて専従1人以上

【生活相談員の資格】

社会福祉主事、社会福祉士、精神保健福祉士又は同等以上の能力を有すると認められる者(香川県においては、下記①又は②が該当)

①介護支援専門員

②社会福祉事業を行う施設・事業所に常勤で2年以上勤務し、かつ、介護福祉士の資格を有する者 

看護師又は准看護師(看護職員):単位ごとに提供時間帯を通じて専従1人以上   

介護職員:単位ごとに提供時間帯に介護職員が勤務している時間数の合計数を提供時間数で除して得た数が利用者の数が15人までの場合にあっては、1人以上、15人を超える場合にあっては15人を超える部分の数を5で除して得た数に1人を加えた数以上

※生活相談員又は介護職員のうち、1人以上は常勤でなければならない。

機能訓練指導員:提供日ごとに1人以上

(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、柔道整復師又はあん摩マッサージ指圧師の資格を有する者)

管理者:常勤専従1人

(管理上支障がない場合、当該事業所の他の職務、又は同一敷地内の他の事業所の管理者と兼務可)  

設備基準   ■食堂及び機能訓練室

・通所介護事業所の専用の部屋

・壁等により区分されたスペース

・利用定員×3㎡以上

(集団処遇が可能な部分の内法有効面積を算定、固定式の家具は内法有効面積に含まない)

相談室

・原則として通所介護事業所の専用の部屋

・相談机及び椅子を置くことが可能な面積

・相談内容が漏洩しないよう配慮

・事務室内に相談室を設ける場合は、固定式のパーティッションによる仕切りが必要

静養室

・原則として通所介護事業所の専用の部屋

・壁囲みの部屋でない場合は、固定式のパーティッションを設置して静養できる環境を確保すること。

・必要と考えられるベッド又は布団を用意。(目安:利用者10人に対して1)

事務室

・通所介護事業所の専用であること。

・壁等により区分されたスペースであること。当該用途以外の利用は不可

・事務机及び書類保管庫を設置し、事務が可能な面積とすること

トイレ

・要介護者が利用するのに適したもの

・感染症予防の観点から、職員用トイレ等、2箇所以上設けることが望ましい

・車椅子で利用できるものを1箇所以上設けることが望ましい

■浴室

・要介護者が利用するのに適したもの

・「香川県特定施設入浴施設におけるレジオネラ症の発生の防止に関する指導要綱」に適合した施設とすること   

運営基準

■通所介護計画を作成しなければならない

■通所介護の提供に当たっては、懇切丁寧に行うことを旨とする 

■事業者は利用定員を超えて通所介護の提供を行ってはならない 等 

合同経営グループでは事前協議~指定申請書の作成から、利用者にサービスの内容を説明するための重要事項説明書や掲示物の作成までトータルにサポートいたします。

また、指定申請後に発生する変更届の手続きや加算の変更届出、更新申請などすべてお任せください!

お問い合わせ

087-812-5074

受付:平日9:00~17:00